高校受験と中学受験の性質の違い

中学受験をするメリットとして高校受験する必要がないことがあげられます。
高校受験するなら、中学受験をしなくて良いから結局同じではないかと考える方も多いでしょう。
しかし、中学受験と高校受験の性質は大きく異なることが多いのです。
中学受験ではたいていの場合、ペーパー試験での選抜が行われます。
学校によって試験の回数はそれぞれ異なりますが、学力試験による公平な選抜という点では変わりがありません。
その一方、高校での受験は内申点が学力試験と同様に重視されるのが一般的です。
内申点は各中学校の評定に基づいて行われ、その比率などは都道府県によってもさまざまです。
内申点にクラブ活動や学校行事での活動が加味される場合もあります。
内申点による評価は、その中学校のレベルや評価基準によって変動しますから、評価が公平とは言えない部分があります。
小学校の半ばくらいまでに居住する地域の高校の内申のしくみを調べて、中学受験をするかどうか判断したいものです。

 

偏差値60後半の私立中学受験を志望校にしていた水津(仮名)さんの中学受験体験談

 

僕が中学受験をしようと思ったのは、両親のススメがあったからでした。
最初は、受験勉強がちょっと大変だと思って、中学受験には僕自身は乗り気ではなかったのですが、頑張ったら絶対にいいことがあると言う両親の励ましの言葉で、だんだんとやる気が出てきました。
最初のうちは偏差値もそれほど高くはなく、これで大丈夫かなと思っていたのですが、勉強を続けていくうちにだんだんと問題を解くコツもわかってきて、点数も偏差値も徐々に上がってきました。
6年生の夏休みが終わって、志望校を本格的に決めるという時に、塾の先生からもうちょっと高いところにもチャレンジしてみたらどうかと言われて、だめでもともとだと思って受けてみたら、合格できた時には本当にうれしかったです。
中学受験を通して、努力をしてチャレンジすることが大切だということを学ぶことができました。