理解するための勉強法

ずばり言いまして、「中学受験で志望校の合格を勝ち取るために必要な事」と言えば、「家庭教師を付ける」ことです。
中学受験において、成績を伸ばすポイントは「マンツーマン」による指導にあるからです。
考えてもみてください。
塾などのように、大多数のなかで解説を聞いているときは、わかったような気持ちになるのです。
しかし、いざ同じような問題を解こうとすると、わからない!こんなことは、珍しいことではありません。
なぜなら、解説は「聞いた」だけであり、「理解」はしていないからです。
しかし、家庭教師による指導の場合は、マンツーマンですから、逃げられません。
解るまでしっかり教えられます。人間は、自然と怠け癖の出てしまう生き物です。
ですから、中学受験においてはとくに、逃れられない環境をつくることも大事なのです。
ですから、家庭教師により指導にて、わからない問題に徹底的に向き合い理解する。
塾で2時間の講義を受けるよりも、マンツーマンにて1時間の指導を受ける方が確実に効果はあがります!

 

中学受験の学校説明会で進学実績に着目して子供の志望校を選ぶことにした棚田(仮名)さんの声

 

山中教授のノーベル賞受賞に感激した娘が、自分も将来医学部に入ってすばらしい研究や治療をできる医者になりたいから、中学受験をさせてくれと言った時には正直なところ親として戸惑いました。
受験は高校受験からで充分だと思っていたからです。
娘にも、今からの中学受験準備ではちょっと間に合わないのではないか、高校受験から充分ではないかと何度も話をしたのですが、それでもどうしても中学受験をさせて欲しいと言われたので、とうとう私たちのほうが折れて中学受験準備を始めることにしました。
やるからには絶対に失敗することは許されないと思ったので、わたしたちの万全のサポートをしました。
どの中学を受験するかは、学校説明会での様子や、進学実績を考えて決めました。
たった一年という準備でしたが、娘の夢の実現に向けてよくがんばってくれたと思います。