高校受験を避けるために

中学受験のメリットの一つに、高校受験を避けることができるという点があります。
実際に小6での選別の方がいいのか、それとも中3での選別の方が良いのかは、その子の成長具合や個性、家庭の教育方針によっても違ってくる問題であるので、どちらが良いとは一概に言えなのですが、現在の公立高校への受験システムが、学力での輪切りではなく、中学校生活全体を見た上での内申書重視のシステムであるため、それを嫌う家庭では、中学受験を選択するケースが多いです。
また、首都圏や関西圏では、かつて比較的高学力の女子生徒を高校受験で取っていた私立のほとんどが、中高一貫校に変わってしまいました。
その為、高学力の女子中学生の、高校受験での併願先の私立がなくなってきているという問題があります。
今では、特に女子の高学力層では、中学受験をして中高一貫校に進学する方が、子供にとっての選択肢が広くなる傾向が顕著なために、中学受験を選択する家庭が少なくありません。

 

オープンスクールで志望校の先輩に憧れて中学受験する事にした上中(仮名)さんの声

 

母が早くから中学受験を考えていたようで、小4のときにはじめて中学校のオープンスクールに行きました。
そのオープンスクールでは授業を見学したり説明を聞いたりするだけでなく、生徒による部活動の紹介などもあって、そのときにとてもはきはきしていて格好いい先輩がいました。
子供心にではありますが「あんな先輩になりたい!」と強く感じて、その学校を目指して中学受験をすることに決めました。
?理想の中学生の姿を頭に浮かべることで勉強にも身が入り、偏差値が高い学校ではありましたが無事第一志望だったその中学校に合格できました。
今ではその先輩は卒業してしまっていますが、同じように後輩に憧れてもらえる先輩になれていたらいいなぁと思っています。