進学塾と家庭教師のメリット

中学受験では進学に通う場合や家庭教師にお願いするなど受験対策は様々です。
中学受験での進学塾のメリットは、中学受験の受験情報が速く入手できることです。
私立の場合、受験内容が変更される場合があります。
例えば2教科受験が4教科受験に変更されたり、同じ学校を2回受験可能だったのが不可能になっていたりする場合もあります。
このような情報は進学塾でないとなかなか分かりません。
また塾で集団授業であれば金額も他と比べると安くなります。
その代わり集団授業なので、授業についていけない生徒はクラスを落とされるか、理解できないまま授業が進むので途中で理解できなくなる場合があります。
中学受験での家庭教師のメリットは生徒個人に合わせられることです。
生徒の理解度を知り、解らない部分を集中的に学習できます。
また先生と生徒1人なので、気兼ねなく周りの人から見たら簡単な事も質問できます。
生徒の学習進度に合わせられるので、勉強の不得意教科が得意教科に変わることもあります。
ただ受験情報については知りませんので、自分で情報を入手しなければなりません。
進学塾も家庭教師もどちらもメリット、デメリットがあるので上手く活用して下さい。

 

同じ目的を持った友達ができ受験勉強の勉強が苦ではなくなった柏谷(仮名)さんの中学受験体験談

 

私が中学受験をすることになったのは、両親に勧められたからでした。
本当は地元の中学に仲のいい友達と一緒に行きたかったのですが、両親がどうしても中学受験をして私立へ進んでほしいと言うので、仕方がなく受験勉強を始めました。
最初は乗り気ではなかったのですが、塾へ通っているうちに塾でも仲のいい友達が何人もできました。
塾の友達はみんな将来の夢とか、志望校をしっかりと持っていて、それに向かって頑張るために中学受験を頑張っている人たちばかりでした。
私も段々とそんなみんなに影響されて、将来の夢とか志望校について真剣に考えるようになりました。
そうしたら最初のうちは面倒くさかった受験勉強も、徐々に楽しくなってきました。